フォーマットは、問題が発生した時の最終手段として用いられることも多いです。
たとえば、アクセスできない、とにかく正常動作しない等、どうにも操作がままならない場合に、
真っ先に思いつく選択肢がフォーマットです。

当然、代償として中のデータを失うことになりますが、その効果は大きいです。
フォーマットするということは、ファイルシステムをリセットするということなので、
論理障害であれば、たいていの場合は復旧できます。

ところが、まれにフォーマットできないことがあります。
論理障害でも、フォーマットできないことはあるのです。
特に、USBメモリのような信頼性に乏しい記憶装置では、
論理障害が原因でフォーマットできなくなる可能性も高いです。

フォーマットできない原因

Windows上では通常、エクスプローラかディスクの管理からフォーマットを行うことが多いと思います。
そこでフォーマットできないと、以下のような画面が出てきます。

Windowsはフォーマットを完了できませんでした。

“Windowsは” フォーマットを完了できませんでした。
つまり、このことがすぐさま、NTFSやFAT32でフォーマットできないということを示しているのではありません。
少なくともこの段階で問題になっているのは、Windowsに限定してフォーマットができないということです。

よく見ると、直前のフォーマットする際のウィンドウで、容量が「不明な容量」になっていたりします。
でも、ディスクの管理で確認すると、必ずしも容量が認識できていないわけではありません。
Windows標準のフォーマットプログラムが、対象のパーティションをうまく認識できないようです。

より具体的には、パーティションテーブルに異常があると、
Windows標準の機能ではフォーマットできなくなることがある
ようです。
たとえば、パーティションテーブルで指定されているパーティションサイズ(LBA値)が不正だと、
Windowsはフォーマットする際にこの情報を読みに行くので、フォーマットできなくなります。

フォーマットできないパーティションをフォーマットする

フォーマットできない原因が、Windows標準のフォーマットの機能にあるので、
このようなパーティションをフォーマットするには、
Windows標準の機能によらず、フォーマットすればいいことになります。

パソコン以外の機器を使う

単純かつ効果的な方法です。
パソコンでフォーマットできなかったとしても、それがパソコン以外の機器にも当てはまるとは限りません。

特に、SDカードのように、様々な機器で使われる記憶装置の場合は、
実際のSDカードを使う製品、たとえばデジカメ等でフォーマットしてみると、
無事フォーマットできることが多いです。

でも、ハードディスクやUSBメモリ等、パソコンでの使用がメインの記憶装置だと、
なかなかそういうわけにもいきません。
これらについて対応する方法も、以下書いていきます。

フォーマッタを使う

フォーマッタとは、フォーマットを行うソフトウェアのことです。
Windowsが行うフォーマットも、Windowsに内蔵されているフォーマッタによるものです。
これが正常動作しないので、他のフォーマッタを使います。

特に、フォーマット専用ソフトであるフォーマッタは、多機能かつ使いやすいものが多いです。
一例を挙げます。

外付けハードディスク、USBメモリ用 I-O DATA ハードディスクフォーマッタ
SDカード用 SDフォーマッター

このようなフォーマッタは、対象となる記憶装置専用だったりするので、
高機能な割には簡単な操作でフォーマットできます。

パーティショニングツールを使う

内容的には、フォーマッタを使う場合となんら変わりません。
でも一般的に、パーティショニングツールを使ったほうが、フォーマットに関してより詳細な設定が可能です。
これは同時に、操作が複雑になるということでもありますが、
その意味を理解できる人にとっては、パーティショニングツールを使ったほうが自由度は高いです。

まぁ、言い方を変えれば、Windows標準のパーティショニングツールが「ディスクの管理」なわけで、
それで操作できないのなら、別のものを使うしかないわけです。

たとえば、個人的によく使っているものとしては、「GParted」とか。

「GParted」の使い方

「GParted」はLinuxベースのパーティショニングツールですが、
NTFSパーティションも扱えたりするので、重宝します。

Windowsの通常操作ではフォーマットできなくても、
このような方法を使えばフォーマットできるかもしれないよ、ということです。