ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません。
CHKDSKユーティリティを実行してください。

このような表示が出て、特定のファイルやフォルダ、最悪パーティション全体にアクセスできなくなります。
一旦このエラーが出ると、操作をやり直そうが再起動しようが、通常のファイル操作を行うことはできないので、
何らかの対処を行う必要があります。

ただし、「ファイルまたはディレクトリが壊れている」というエラーが表示される場合には、
ハードディスクに不良セクタが発生している可能性もあるので、
必要なデータのバックアップを最優先すべきです。
その後、エラーに対しての修復作業にあたったほうがいいです。

なんというか、

これらは完全に別の作業です。

現在異常のあるドライブを使えるようにするためには、一部データを上書きする必要があります
その過程で、ユーザーにとって必要なデータが上書きされない保証はありません。
結果的に、復元できたファイルが復元できなくなることがあります。

また、セクタエラーが頻発しているハードディスクでは、作業負荷によってとどめを刺してしまうことがあります。
ハードディスクのデータを変更する前に、最低限必要なものは退避させておくべきです。

「ファイルまたはディレクトリが壊れている」とは、どういうことか

ところで、ファイルが壊れているというのはどういう状態なのかがはっきりしません。
イメージ的には、ファイルが保存されているデータ領域の一部が欠損してしまっていて、
データとしての体をなしていない状態のように思えます。

でも、ここで注意が必要なのは、
データが壊れているのではなく、ファイルが壊れているという点です。
このエラー表示はWindowsによって行われており、
あくまでも「ファイルが壊れている」という、Windowsのエラーです。

ファイルを使用するアプリケーションにとって正しいデータであるかどうかは、この際関係ありません
実際、「ファイルまたはディレクトリが壊れている」という状態から復旧したデータがすべて破損している、
というわけでは全然ありません。
Windowsが認識できるファイルという形になっていないことを示すエラーであり、
データが完全な状態で残っているかどうかとは別の問題
なのです。

どーでもいーはなし

「ディレクトリ」という言葉をあまり聞いたことがない人もいるかもしれません。

「ディレクトリ」とは、Windowsでいう「フォルダ」のことです。
視覚的にもわかりやすいので、Windowsではディレクトリのことをフォルダと呼んでいるんだと思います。

修復すべき対象、つまり原因

幸か不幸か、「ファイルまたはディレクトリが壊れている」というエラーの場合には、
原因が比較的はっきりしています

ファイルシステムのインデックスの破損です。

NTFSパーティションの場合は、MFT
FAT32パーティションの場合は、FAT
それ以外の要素があまり考えられません。
早い話が、そのパーティションのファイルシステムに異常があるのです。

インデックスの破損箇所によって、どの場所のファイルにアクセスできないかといった症状が変わってきます。
インデックスが破損してしまうそもそもの原因は、不良セクタの発生だったりしますが、
不良セクタの有無に関わらず、インデックスが破損した時点で、
「ファイルまたはディレクトリが壊れている」ということになります。

当該ドライブを使える状態にする

現状、インデックスが破損しているので、
インデックスを修復できれば、以前と同じようにファイルにアクセスできるはずです。

インデックスは通常、Windowsによって管理、編集されているものです。
従って、インデックスを修復するツールも、Windowsに用意されています
いわゆる、「チェックディスク」です。

具体的には、

  1. ドライブ(「Cドライブ」等)の右クリックメニューから「プロパティ」
  2. 「ツール」タブの「チェックする」
  3. 修復オプションを選択してから「開始」

とすることで、選択したディスクをチェックすることができます。

エラー表示に現れる「CHKDSKユーティリティ」というのも、これを意味します。

「Windows XP」だと、最初は何もチェックがなされていませんが、
「ファイルまたはディレクトリが壊れている」ということで、ファイルシステムの破損は明らかなので、
少なくとも「ファイルシステムエラーを自動的に修復する」にチェックを入れて、
「開始」を選択する必要があります。

冒頭でも書きましたが、チェックディスクによる修復にはリスクがあります。
でも、ファイルシステムを修復するためには、オプションを指定しなければなりません。
ただこの場合、「不良セクタをスキャンし、回復する」は必須ではありません
むしろ、リスクを高める結果になることがあります。
理由は、修復オプションの詳細ページ参照。

修復オプションを実行するためには、ドライブをマウント解除しなければなりません。
従って、システムパーティションを修復する際は、一旦Windowsを終了する必要があります
画面上の操作としては、再起動時に「chkdsk」の実行を予約することになります。
確認画面が出てくるので、「はい」を選択して再起動します。

ひとたびチェックディスクが実行されると、途中でやめることができません。
時間のかかる作業になるかもしれませんが、完了するまで待ってあげてください。
修復作業が完了すれば、普通にファイル操作できるようになるはずです。

ファイルシステムの修復とデータの保全性

ファイルシステムの修復といっても、フォーマットするわけではないので、ほとんどのデータは保持されます。
できるだけ元のファイルに影響を与えないように、
でも正常なファイル操作が行えるように、インデックスを修正します。

しかし、データの保持とデータの修正は、矛盾する行為です。
修復作業の結果、正常なファイル操作が行えるようになったとしても、
従来あったすべてのファイルが存在しているとは限りません
これはチェックディスクに限らず、他のファイルシステム修復ツールを使っても同じです。
結局、インデックスを修正して上書きしなければならないことに変わりはないからです。

バックアップでもとってない限り、データを完全に元に戻すという意味での復旧は不可能です。
ファイルの重要度が高い場合には、
これ以上データを失うことがないように、事前にバックアップをとるべきです。

ファイルを復元する

インデックスが破損している状態では、通常のファイル操作は不可能です。
このままでは、バックアップをとることさえできません。

通常のファイル操作が行えない原因は、今現在異常のあるインデックスを見に行くからです。
異常のあるファイルシステムを前提にするから、異常な挙動しかできなくなります。
そこで、インデックスを無視してデータを見に行く必要性が生じます。

インデックスを無視してデータを抽出するには、それ用のツールが必要になります。
たとえば、ファイナルデータでそれができます。

ダウンロードページ: ファイナルデータ

ファイルの復元は製品版じゃないとできませんが、
無料体験版でもインデックスを無視してスキャンした結果、復元可能性のあるファイルの一覧を取得することができます。

インデックスが破損していても、保存場所によってはWindows上から通常のファイル操作が可能だったりします。
そうした場合は、エクスプローラを使ってバックアップ用のデバイスにデータを退避させてもいいと思います。

必要なデータのバックアップを取った後、
最終的に、チェックディスクを用いてファイルシステムの修復を行うようにします。
さもないと、上書きされたデータの復旧は不可能だからです。

不良セクタについて

ここから先は、データの復旧とはあまり関係のない話です。
そのハードディスクを今後どう使っていくか、もしくは使わないのかということについて。

ファイルシステムに問題が発生する直接の原因として、不良セクタが挙げられます。
すべて不良セクタが原因になっているわけではありませんが、
不良セクタが発生すると、ファイルシステムに影響を与える可能性が高いです。

不良セクタ

コマンドプロンプトから「chkdsk」を実行すると、不良セクタの値を確認することができます。
ただし、これはファイルシステムによって認識されている不良セクタです。
詳細は、下記ページにて。

不良セクタの修復

不良セクタが増え続けるようであれば、そのハードディスクの継続使用は避けたほうがいいと思います。