BIOSが起動しない状態とは、
パソコンの電源は入るものの、BIOSが正常に立ち上がらないため、
結果としてパソコンの動作そのものが止まってしまう状態のことです。
パソコン本体や内蔵ハードディスク等、各種部位の電源が入らないため、パソコンが起動できない状態とは異なります。

というわけで、以下の条件を満たします

BIOSが起動しない限り、ディスプレイには何の信号も送られないため、画面は真っ暗のままのはずです。
もちろん、BIOSのビープ音すら鳴りません。
ビープ音が鳴っているのであれば、それはBIOSが鳴らしているのであり、
DRAMやビデオカード等に異常があることを、画面に表示できない代わりに音で示しているのです。

逆に、上記内容が完全に当てはまる場合は、BIOSが起動できていない可能性が高いです。
なんていうか、電源ボタンだけ反応するんですよね。
押せば電源入るし、長押しすれば電源切れる。
でもそれ以外は何もできない。

BIOSすら起動しないと、マザーボードそのものの故障を疑ったりして、
一見、手の打ちようがないように思ってしまいがちですが、
実は、ちょっと確認しておいたほうがいい点があります。

BIOSが起動できなくなる原因

BIOSとは、「Basic Input Output System」の略で、
文字通り、基礎的な入出力を担っているプログラムのことです。

特に、パソコンの場合はマザーボードのBIOSが起動できないと、
その後にハードディスクを読みに行く等の動作が一切できないため、そこで動作停止してしまいます。
BIOSは、パソコンのシステムにおける土台みたいなものですから、
BIOSが起動できないというのは、そのパソコンが動作できないに等しいです。
少なくとも、ソフトウェア的には。

BIOSが起動するとき、まずCMOSに保存されている情報を読み込み、
その設定に従ってパソコンを起動させようとします。
ところが、CMOSの情報が正常に読み取れなくなってしまうことがあり、
そうするとBIOSも起動できなくなるのです。
その、CMOSの情報が正常に読み取れなくなってしまう原因の最たるものが、
CMOSバックアップ用ボタン電池の劣化
です。

つまり、BIOSが起動できない場合に、原因として最も疑われる箇所は、
CMOSバックアップ用のボタン電池
なのです。

電池の電圧降下は、一気にゼロになるわけではありません。
たとえば、CR2032は定格3Vですが、2~3Vをふらふらしながら、徐々に起電力が低下していきます。
電池としては、まだ起電力がある状態かもしれないですが、
CMOSをバックアップするために必要な起電力が確保できなくなったとき、
BIOSが起動できないといった症状となって現れてくる
というわけです。

CMOSバックアップ用ボタン電池の寿命は、一概には言えませんが、
経験上、パソコン購入から5年を過ぎると、あやしくなってくるみたいです。
逆に言えば、ちょっと古めのパソコンで、BIOSが起動できなくなった場合、
とりあえず、CMOSバックアップ用ボタン電池を交換してみたほうがいいです。

特に、BIOSが起動したり起動しなかったりするような症状の場合、
かなり高い確率で、CMOSバックアップ用ボタン電池の劣化が原因のはず
です。

CMOSバックアップ用ボタン電池の交換

前述のとおり、CMOSバックアップ用としては機能しなくなったとしても、
ボタン電池の起電力が完全にゼロになっているわけではないため、
実作業の際には、新品と旧品がごっちゃにならないよう、特に注意してください
テスターで測っても、判別できない場合があります

CR2032

CMOSバックアップ用のボタン電池は、
デスクトップパソコンなら、普通にそこらで手に入るCR2032が使われていることが多いです。
詳しくは、パソコンのマザーボードを見れば、すぐにわかります。
マザーボードに電池ホルダが取り付けられていて、そこにボタン電池がはめ込まれているはずですから。

あとは、普通に電池を交換するだけです。
先の細いマイナスドライバーがあれば、簡単だと思います。

ノートパソコンの場合はちょっと厄介で、電池を汎用品と交換することが困難です。
というのも、スペース上の制約があるため電池ホルダがなく、
電池の電極に直接端子がはんだ付けされていることが多いからです。
交換するにしても、電池ユニットとして交換する必要があったりします
ものによっては、修理扱いになるかもしれません。

BIOSすら起動しないと、手も足も出ないような感じさえ受けますが、
ボタン電池の交換だけで正常起動することが意外に多いです。
数百円の電池代でパソコンが正常起動するようになるなら、やってみる価値はあるでしょう。