ISOイメージファイルは取り扱いが容易なため、広く普及して使われています。
特にウェブ上で提供されているCDやDVDのデータは、
ほとんどISOイメージファイルだったりします。

CDやDVDのデータが1つのファイルにまとめられているため、
ダウンロードしてファイルを得るまでは簡単なんですが、
実際のCDやDVDに書き込みするとなると、ちょっとわかりにくかったりします。

Windows単体では、ISOイメージファイルの書き込みに対応していなかった
というのも理由としてあると思います。※「Windows 7」でようやく対応しました。

ISOイメージファイルを実際のCDやDVDに書き込みするには、
ISOイメージファイルの書き込みに対応したライティングソフトが必要です。
CDやDVDのデータを1つにまとめたISOイメージファイルを、
逆にデータに戻してCDやDVDに書き込みする必要があるからです。

これは何も特別なソフトではありません
一般に知名度の高いライティングソフト、
「B's Recorder GOLD」、「Nero」、「Easy Media Creator」などでも、
ISOイメージファイルの書き込みには対応しています。

ISOイメージファイルの書き込みに関しては、おそらく「Nero」が一番簡単です。
ここで実際の例を示していきます。

「Nero」でISOイメージファイルを書き込みする

ISOイメージファイルを「開く」※ダブルクリック等。

「書き込み」を選択。

以上です。
とても簡単です。

ISOイメージファイルを「Nero」に関連付けしていなくても、以下の手順で作成できます。

「Nero Burning ROM」で、ISOイメージファイルを「開く」
あとは同じ画面になるので、「書き込み」

それだけです。
操作自体は、何も難しいことはありません。

大抵のライティングソフトは、ISOイメージファイルの書き込みに対応しているかと思いますが、
バンドル版やフリーソフトなどでは、対応していないものもあるかもしれません

私はメインのライティングソフトとして、簡単かつ高機能なので「Nero」を使っていますが、
ISOイメージファイルの書き込みに対応していれば、何でも好きなソフトでいいと思います。

書き込みが終わったら、実際のCDやDVDをパソコンで確認してみましょう。

間違い こちらが正解

ISOイメージファイルを、ファイルのままCDやDVDに書き込む人がいます
バックアップ目的ならいいんですが、多くの場合、それでは使い物になりません。

あくまでもライティングソフトを使って、
ISOイメージファイルのデータを書き込む必要があります