USBメモリは、最も不安定な記憶装置かもしれません。

ランダムアクセスの読み込みこそ得意ですが、
USBメモリの書き込み速度は、ハードディスクに比べて段違いに遅いです。
これは、USBメモリにとって避けられない問題です。
根本的に、フラッシュメモリは情報を記録することが苦手だからです。

もともと大容量のデータ転送用ではないUSBを用いているうえに、
そこへ書き込みが苦手なフラッシュメモリを組み合わせているのが、USBメモリという製品です。
このため、USBメモリに大量のデータを次々と書き込むような操作をするだけで、
場合によっては認識できなくなってしまうことがあります

しかも、論理障害ならまだしも、USBメモリの物理障害が原因で認識されていない場合、
外付けハードディスクのように、中身を取り出して動作確認するというわけにもいきません

フラッシュメモリ自体に異常がなく、コントローラチップだけに不具合があるようなら、
別のコントローラを経由すれば、中のデータを取り出すことができるでしょう。
でも、そんなことを個人レベルで行うのは、まず不可能です。

とはいえ、USBメモリが認識されなくなったら、ユーザー側にできることは何も残されていない、
というわけでもありませんので、
確認しておくべきだろうことをまとめておきます。

事前に確認しておくべきこと

まず、論理障害がどうこう、とかいう前に、
USBのハードウェアについて確認しておくべきことがあります。

電力供給不足

USBメモリは、動作するために電力を消費しています。
フラッシュメモリ自体が、電子のやりとりで読み書きするものなので、当然なんですけどね。

同じUSB接続の外付けハードディスクには、それ単体で別に電源があったりしますが、
USBメモリは、すべてバスパワーで動いています
つまり、接続されているUSB端子から供給される電力だけで動いています。
しかも、USBメモリ書き込み時の最大消費電流は数百mAと、地味に大きいんです。

USB端子から供給可能な電力は、規格によって異なります。

電圧 最大消費電流
USB1.1 5V 100mA
USB2.0 5V 500mA
USB3.0 5V 900mA

特に、初期のUSB1.1の製品は、供給電力にほとんど余裕がありません
USBはもともと、外部記憶装置を多数接続することが前提の規格ではなかったからです。

USBを利用した製品というのは非常に数が多く、
USBポートが全部空いているパソコンなんて、ほとんどありえないでしょう。
むしろ、USBポートの数が不足気味だったり、
実際にUSBポートの数が足りなくて、USBハブを使っている人も多いと思います。

数多くのUSBポートを使えば使うほど、1つのUSBポートに供給される電力の上限値は下がっていきます
先に書いた最大消費電流というのも大元の話で、それを複数のUSBポートで分け合っているのです。
前述のUSBハブを使っていたりすると、USBハブ自体も電力を消費するので、
さらに供給電力は下がっていきます。※コンセントから電力供給できる、セルフパワー式のUSBハブでは、この問題は発生しません。
なんといいますか、規格としての下限値はあるんですが、
物理的にはそれを無視した接続が可能なので、特に注意が必要です。

そして、USBの下限である100mAの電流さえ満足に確保できなくなると、
USB接続された機器が正常動作しなくなる恐れがあります

フラッシュメモリの消費電力が最も高くなるのは書き込み時なので、
過度な供給電力不足が発生すると、データの記録が正常に行えなくなります
つまり、保存したデータが破損します。
これがきっかけとなってUSBメモリを認識できなくなるケースは、実は多いんじゃないかと思います。

こうしたことを防ぐためにも、USB接続されている製品(USBハブ含む)を一旦すべて取り外し、
USBメモリだけをパソコンに接続し直してみます

以下の動作確認は、それからすべきことです。

USBポートの破損

USBポートの使用頻度は高いため、
端子自体の抜き差し回数も、どのインターフェイスよりも群を抜いて高くなるのが普通です。
すると当然、USB端子は劣化、損傷しやすくなります。

さらに、たいていのパソコンでは、USBメモリを抜き差しするような場所がほぼ決まっていて、
同じUSBポートを繰り返し使っていることが多い
はずです。
従って、1箇所だけやたらUSB端子の損傷が激しいことが珍しくありません。
もちろん、USBポートに用いられる端子には、相応の耐久性が確保されているのですが、
実際問題として、破損したUSB端子を目にすることは多いです。

このような場合、USBメモリを使用するUSBポートを変更するだけで、
USBメモリを認識できるようになります。
不具合のあるUSBポートは、以後の使用を控えるべきです。

「マイコンピュータ」内に表示されない場合

ここから先に書いていることは、主に論理障害についてです。
物理障害でも同じような現象が起こることがありますが、もちろん原因は違います。
そこはおのおの判断してください。

まず、「マイコンピュータ」内にUSBメモリが表示されない、
つまり、エクスプローラにドライブがマウントされない場合について。

デバイスとして認識していない

USBは「Universal Serial Bus」の略で、
ユニバーサル、つまり、汎用性の高さが大きな特徴として挙げられます。

多くのUSB機器は、接続しただけで、Windowsが持っているドライバを使って自動的に認識されます。
というか、Windowsが頑張って認識しようとしてくれます。
楽です。

でも、これが毎回必ず正しく動作してくれるわけではありません。
USBが何でもありな状態になってしまい、複雑化した弊害です。
結果として、ドライバが正しくインストールされず、USBメモリが認識されないことがあります。
そんな時は、ドライバを再インストールする必要があります

ドライバの再インストールとは、実質、ドライバの削除と言ってもいいです。
というのも、USBメモリに使われるUSBマスストレージクラスドライバは、
Windows(2000以降)が標準で持っているものであるため、
ドライバを削除してからUSBメモリを接続し直せば、自動的にドライバが再インストールされるからです。

手順としては、まず認識されないUSBメモリを接続している状態で、
「デバイスマネージャ」を起動
します。
そして、

  1. アイコンに「!」「?」が付いているデバイスを選択
  2. 右クリックメニューから「削除」
  3. 「OK」

以上で、ドライバの削除は完了です。

削除と聞いて怖がられる人もいるかもしれませんが、
もともと認識されていない、不適合のデバイスドライバですから、削除してしまっても問題ありません。
また、デバイスマネージャでの削除とは、
「このデバイスについてこのドライバを適用する」という情報を削除しているだけ
で、
元のドライバファイルを削除しているわけではありませんので、ご安心を。

あとは、認識されていなかったUSBメモリを挿し直すだけです。

USBメモリの接続が検出されると、Windowsは最適なドライバをインストールしようとします。
前述のとおり、これはWindowsが元々持っているドライバなので、
基本的に放置していれば、インストールは完了します。
ドライバのインストールが正常に完了すれば、USBメモリはデバイスとして認識されるはずです。

ドライブレターが競合している

これも、そもそもの原因は上記ドライバの問題と似たようなものです。
つまり、USBメモリや外付けハードディスク等、
USB接続の外部記憶装置が爆発的に普及したために生じた問題と言えます。

もうほとんど見ることのなくなったフロッピーディスク等とは違い、
USB接続の外部記憶装置では、
パソコンとの接続が確立された時点で、ドライブレターが割り当てられます

従って、いろんなデバイスで、同じドライブレターを使い回す状況が、必然的に発生します。
その結果、ドライブレターが競合してしまい、USBメモリを認識できなくなってしまうことがあります。

特に、「Windows XP」では、
「ネットワークドライブ」と「リムーバブルディスク」のドライブレターが競合してしまう不具合がある
ため、
注意が必要です。※参考: Microsoftサポート

ドライブレターの競合が原因でUSBメモリが認識されない場合は、
当然のことながら、ドライブレターを適切に割り振る必要があります。
具体的には、ディスクの管理」を起動し、問題のある記憶装置のドライブレターを手動で変更します。
ドライブレターの問題であれば、それだけで認識されるようになるはずです。

この際、ドライブレターが重複しにくくなるよう注意したほうがいいです。
Windowsは、アルファベット順にドライブレターを割り当てていくので、
ドライブレターの競合が発生する状況下で、手動でドライブレターを変更する場合、
直後の空いているアルファベットを割り当てないほうがいいということです。

「マイコンピュータ」に表示はされるが、アクセスできない場合

物理的な読み書き方法こそ違えど、USBメモリもハードディスクと同じ外部記憶装置です。
パーティションやファイルシステムに問題があると、
ドライブとして認識されてはいても、アクセスすることができません。

このような場合、USBメモリは「リムーバブルディスク」という表示に変わることが多いです。

パーティションを認識していない

USBメモリが接続されているにも関わらず、
「ドライブにディスクを挿入してください」という表示がされることがあります。
これは、USBメモリをデバイスとしては認識しているものの、
中のパーティションを正しく認識できなくなってしまったために発生している現象です。

USBメモリだって、パーティションは存在します。
基本的に、1つだけですが。
でも、これを正しく認識できなければ、ドライブとして使うことはできないのです。

しかも、パーティションテーブルに異常があると、フォーマットできないこともあるのが困ったものです。
詳しくは、下記ページにて。

ドライブにディスクを挿入してください

ファイルシステムを認識していない

WindowsがUSBメモリのファイルシステムを認識できないと、
エクスプローラにマウントされていても、ドライブ全体にわたってアクセスすることができなくなります。
このため、Windowsは、
「ディスクはフォーマットされていません」または「フォーマットする必要があります」というエラーを表示します。

その原因と、フォーマットせずに復旧する方法は、下記ページにまとめてあります。

ディスクはフォーマットされていません

ファイルシステムが壊れている

前の項目とは、似ているようで違います。
こちらは、ファイルシステムを認識できていないわけではありません
ファイルシステムを認識してはいるものの、その一部の情報が正しくないのです。

何言ってるのかよくわからないかもしれないので、別のページで説明します。
Windowsの画面上には、タイトル通り、
「ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません」という表示が出てきます。

ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません

USBメモリの故障について

認識できなくなった原因が物理障害にある、つまり、USBメモリが故障している場合、
その原因は、大きく3箇所に分けられます。
具体的には、

ということです。

USB端子が破損しているかどうかは、見ればわかりますよね。
コントローラチップが破損している場合は、
「不明なデバイス」という表示で認識されないことが多い
です。

USB端子やコントローラチップが破損していても、フラッシュメモリチップ自体が壊れていない場合は、
データ復旧業者に依頼すれば、かなり高い確率でデータを復元することができます。
でも、フラッシュメモリチップそのものが壊れている場合は、どうしようもないケースがほとんどでしょう。

最後に

冒頭でも書きましたが、USBメモリは、あまり信頼性の高くない記憶装置です。
バックアップ目的で使うのは、おすすめできません。

でも同時に、USBメモリはリムーバブルディスクとして非常に適した特性を持っています。
パソコンにUSBポートさえ付いていれば簡単にデータの受け渡しができ、
しかもサイズが小さくて持ち運びが苦にならないものは、他にはありません。

ものは使いようです。