今まで普通に日本語入力していたのに、
突然、漢字変換がうまくできない状態になってしまうことがあります。

おそらく、ひらがなの入力には問題がないはずです。
漢字や記号に変換しようとしたときに、変換候補が表示されないか、
または限られた変換候補しか表示されなくなっているはずです。

これは、それほど深刻なトラブルではありません。

漢字変換するために必要なもの

パソコンで日本語を入力するためには、
キーボードからの入力を日本語に変換するためのソフトが必要になります。
Windows日本語版では、MS-IME(Microsoft Input Method Editor)がその役割を果たしています。

MS-IMEという言葉に聞き覚えがない人でも、言語バーなら知っているでしょう。
言語バーは、MS-IMEのツールバーです。

早い話が、漢字変換ができないというトラブルは、MS-IMEのトラブルだということです。

漢字変換できなくなる原因

MS-IMEに限らず、日本語入力補助ソフトでは、
ユーザーの文字変換効率がより高くなるよう、さまざまな工夫がなされています。

代表的な機能として、ユーザーが変換した文字の統計から、
より使用頻度の高い単語を、変換候補の上位に持ってくるというものがあります。
そのためには、ユーザーが変換した文字の履歴をどこかに保存し、随時更新していく必要があります。

MS-IMEの場合は、ユーザーの文字変換履歴を、「ユーザー辞書」として保存しています。
そして、日本語で何か文字が入力されるたびに、「ユーザー辞書」が更新されていくわけです。

日本語版のWindowsを使っていて、日本語を入力しないということはまずないですから、
ユーザー辞書の更新頻度は、かなり高いものになります。
ところが、何でもデータを更新する際にはエラーが発生しやすくなるもので、
ユーザー辞書を更新するタイミングで、辞書ファイルが破損してしまうことがあるのです。
ごくごくまれに、ですが。

こうしてユーザー辞書が破損してしまうと、
MS-IMEは、入力された文字に対してどのような漢字を割り当てたらいいのか、
わからない状態になってしまいます。
つまり、ユーザー辞書が破損してしまうことで漢字変換できなくなる場合がほとんどなのです。

文字を変換しても漢字が表示されない状態になっているかもしれませんが、
それは漢字のデータ自体(フォントとか)が壊れてしまっているわけではなく、
入力された文字と、漢字との間の関係性が壊れてしまったために起こる現象です。

ユーザー辞書の修復

ユーザー辞書が破損することをある程度見越してか、
MS-IMEには、ユーザー辞書を修復する機能が付いています

まず、言語バーにおいて、

「ツール」ボタン → 「プロパティ」

と選択します。

続けて、「辞書/学習」タブを選択します。
そして中ほど、「ユーザー辞書」の項目にある「修復」を選択します。

確認画面が出てきますが、ユーザー辞書の修復が目的なので、もちろん「はい」で。

それほど危険な作業ではないんですが、しつこいぐらい確認画面が出てきます。
修復前の辞書ファイルは、「.000」という拡張子で同じフォルダに保存されるとのことです。
「はい」を選択します。

ユーザー辞書の修復が完了しました。

「IME 2007」に関する問題

ここで、ちょっと注意していただきたい問題があります。
「IME 2007」を使っていて、漢字変換できなくなった場合のことです。

「IME 2007」とは、「Office 2007」に付属しているIMEのことです。
つまり、「Office 2007」を使っている人がこれに該当します。
その他の人には関係ない話なので、読み飛ばしてください。

実は、「IME 2007」はユーザー辞書の作成に関して不具合がありました
「IME 2007」で、新しい日本語変換エンジンを搭載したまでは良かったんですが、
従来のMS-IMEに比べ、ユーザー辞書がおかしくなる割合が極めて高かったのです。
私の知る限り、漢字変換できないというトラブルに見舞われた人のほとんどがVistaユーザーでした。
Vistaだと、必然的に「Office 2007」がインストールされている率が高いですから。

もちろん、「IME 2007」でも前述の方法でユーザー辞書を修復することは可能です。
ただし、根本となる原因を取り除かない限り、再びユーザー辞書が破損してしまう危険性が高いです。

「IME 2007」のユーザー辞書については様々な問題があったようですが、
修正ファイルを適用するこで解決できます。
本記事作成時点で最新のアップデート方法は、「Office 2007 SP2」を適用するというものです。
これが、過去の「IME 2007」に関するアップデータすべてを包括したものです。
入手先は、以下のとおり。

ダウンロードページ: Microsoftダウンロードセンター

ちなみに、「IME 2007」単体のアップデータは以下のとおり。

ダウンロードページ: Microsoftサポート

MS-IMEは、バージョンが上がるごとに不安定になってきているような気がします。
Microsoftがアメリカの会社だからということもあるかもしれませんが、
文字入力はOS操作の基本的な部分でもありますから、今後に期待したいところです。