基本的に、パーティションサイズについては、OSをインストールする際に決めてしまうものです。
でも、パソコンの使い方なんてのは、実際に使っているうちに変わってきたりするので、
初めに決めた仕様が、そのままいつまでも通用するなんてのは、
そもそもありえない話なのかもしれません。

なかでも、「Cドライブ」の容量が足りないとか、
「Dドライブ」を作っておいたほうが良かったとかいうのは、
よくある話だと思います。

そんな時にはもちろんパーティションを操作する必要があるわけですが、
Windows標準の「ディスクの管理」からでは、パーティションに対してできる操作が限られます。
現在使われている状態のパーティションに対して、データを保持したままサイズ変更することは、
基本的にはできません(「ベーシックディスク」の場合)

Vistaになって、使用中のパーティションでもサイズ変更ができるようになりましたが、
それでも自由自在に変更できるわけではありません
かなり制限があります。

2000、XP、一部のVistaでは「ダイナミックディスク」というものもありますが、
よっぽど必要性を感じない限りは、
互換性、汎用性、動作速度の面から、まったくおすすめしません

それだけWindows上での制約が多いのは、
パーティションのサイズ変更という操作が、それ相応の危険を伴うからです。

パーティションを変更するソフトで有名なものに、「パーティションマジック」がありますが、
このようなソフトを理解しないまま不用意に使ってしまうと、
新たなトラブルを招いてしまうこともあります。

従って本来は、パーティション内のデータをまるごとバックアップした後、
パーティションサイズを変更して戻すべき
でしょう。
つまり、「True Image」等を使ったほうが、バックアップも取れるし確実です。

でも、「フリーで使えるもので」という、
なにがなんでもフリーソフトじゃないと気がすまない人もいるので、
前置きが長くなりましたが、パーティションサイズを変更できるフリーソフトを紹介します。

パーティション変更ソフト「GParted」

「GParted」というLinux用のパーティション変更ソフトです。
フリーで使えますが、パーティションのサイズ変更をはじめ、
パーティションの移動やコピーなど、必要十分な機能を備えています。

「GParted」はWindows用ではなく、Linux用のソフトですが、
そんなに構える必要はありません。
日本語化が進んでいる「KNOPPIX」にも収められているので、
初めての人でも使えるんじゃないかなと思います。
CD1枚でOKです。

この手のソフトは、それほど使用頻度は高くないのですが、
一方で、いろんなパソコンでの使用が求められるので、
個人的には、インストールの必要がない「GParted」のようなソフトが好ましいと思っています。

「GParted」の実際の使い方については、下記ページにまとめてあります。

「GParted」の使い方

リンク先ページを見ていただければわかりますが、
「GParted」の操作自体は直感的にわかるようになっており、簡単です。

ただし、前置きでも書いたとおり、パーティションサイズの変更は危険度の高い操作なので、
必要なデータのバックアップは、事前に必ず取っておいてください